強女将(こわおかみ)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3Dアニメーションの製作過程を記録する

<<   作成日時 : 2010/06/11 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

http://www.zgock-lab.net/irrlicht/bangai04.htm

こちらを参考にさせていただき、自分なりに
アレンジを加えてたものです。
完成はしていませんが、こういう
やり方はどうだろう、と考えてみたものです。
なんでアレンジしたのかというと、商用で使うと
まずい、というところを変えたかったからです。
ほとんど自分の記録用です。




画像

まずは、「六角大王」というソフトでモデルを作りました。有料のソフトです。
こういう基本形にするまでに、そもそも1年くらいかかってます。
独学は大変。もうここで心が折れそうになります。でもがんばりたいならがんばるしかないわけで。




画像

「できたー」と思っても、ゲームにしてみたらエラーが出てしまった。
なんてことがないように、できたものは「メッシュビューアー」っていう
ソフトで確認して、上書きしておきます。メッシュビューアーは、無料ソフトです。




画像

さて、静止画だけなら六角大王で十分なんですが、アニメーションさせようとすると、
やっぱり骨を入れて、ちゃんとしたものにしたくなります。
(六角大王でも骨を入れられるようですが、ウチは骨を入れるソフトを別に買いました)
そこで使ったソフトが、「fragMOTION」です。有料の英語のソフトです。
ウチは英語できませんので、大変苦労しました。っていうか苦労してます。
それでも、5千円くらいでここまで出来るソフトは他にないと思う。

で、骨についてなんですが、「Poser」というソフトに、たくさんモーションのデータが
あって、これを使うと、自分で作ったキャラがくねくね動いて楽しいです(Poserは一万円くらいの
有料ソフトだったと思う)。ただし、この骨データを自分のゲームで使おうとしたら、それは
著作権侵害になります。というわけで、骨ももちろん自作です。
もちろん心が折れそうになるほど大変です。でもがんばりたいならry



画像

ここからが本当に、心が折れそうになるのですが(何回折れるのか)、引き続きfragMOTIONを
使い、骨とモデルの点とをつないでいきます。これによりついに、骨を動かすだけで
モデルが動く、というステキな状態を作ることができます。
さらに、fragMOTIONには、近くの骨と点をつないでくれるというステキな機能があります。
これで、ある程度手間を省くことが出来ます。



画像

オモイガ通じると、こんなふうに「気をつけ」の姿勢になってくれたりします。



画像

残念ながらリカイガエラレナイと、このようにタイヘンザンネンな、オモイガ届かない結果となります。
で、こういう場合、どこに原因があるか分からないわけですから、最初からやり直したほうが懸命です。
中途半端は命取り。
はいまた折れるよ!




画像

「気をつけ」が出来たなら、ここからようやく動くものが出来るかもしれません。
歩かせたりしてみましょう。ただし油断は禁物。





画像

メッシュビューアーで動くことを確認するまでは、使えるものかどうか分かりません。
必ず確認して上書きします。



さて、ウチがやったのはここまでです。
ここまでやったものなら、irrlichtエンジンで動かせます。
少なくとも、ウチの場合は動きました。
あとはゲームにするだけですね(^^)ここで折れてるところです。
irrlichtってなにかって?それはぜひ自分で調べてください・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
文章のなかで分からないことがあったらこたえますよー。
わかる範囲で。でも、じゃあそれで商売できるんだな!?
と言われると、なんとも返事のしようがありません。
強女将
2010/06/14 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
3Dアニメーションの製作過程を記録する 強女将(こわおかみ)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる